バイアグラの効果を無駄にする間違った飲み方や使い方とは?

バイアグラの間違った飲み方

バイアグラの間違った飲み方

バイアグラは安心して男性機能を高められる製品です。既に国内外の大勢の男性が利用しています。ED治療薬としては最も古い製品でありながら、今でも大勢の男性陣に支持されています。

効果の即効性と信頼性に絶大な評価があります。飲み方も簡単です。服用後30分位で勃起力が高まり、性行為が可能な状態へ回復していきます。

ただし、どのような医薬品にも言える事ですが間違った飲み方や使い方をすれば効果が半減したり、場合によっては身体に大きな負荷が掛かります。包丁や自動車なども使い方を間違えると大怪我や事故に発展します。

バイアグラは安心安全なED治療薬ですが、間違った飲み方や使い方をしては正しい効果と得られません。

まず正しい飲み方ですが、バイアグラは粒をそのまま水で流し込んで服用します。ラムネのお菓子のように口の中で噛み砕くのはNGです。また口の中で溶かしてしまうのも良くありません。

一気に粒の状態のまま、水で流しみましょう。水なしで医薬品を服用する方々がいます。小型の製品であれば一応可能でしょう。

しかし、それだと正しく医薬品が服用出来なかったり、やはり口の中で一部溶けてしまったり、無意識的に噛み砕いてしまったりするでしょう。

服用する際に使うのは水にしましょう。ジュース類やアルコール類や炭酸水などはNGです。そういったドリンクには色々な成分が配合されており、それらが医薬品の主成分の働きを鈍化させてしまう懸念があるためです。

またバイアグラの飲むタイミングは性行為をする時間から遡って、一時間前がベストです。性行為をする2時間、3時間以上前に服用してはいけません。

主成分の働きは想像以上に強力です。服用後は圧倒的にペニスが立ち上がる状態になります。早く服用し過ぎると効果時間を無駄に消費します。そして勃起してはいけない場所でペニスが立ち上がるリスクも出てます。

そしてバイアグラは24時間に一度服用が認められている製品です。性行為をしてから最低でも1日はインターバルを取らなければいけません。連続服用は特に心身に与えるリスクが高く、一日の間に2回以上医薬品の服用をするのは間違った使い方です。

連続服用すればペニスの勃起力やサイズが倍増する、といった効果は無く、単に心臓などに掛かる負担が増え、副作用のリスクを自ら強めるだけです。

ED治療薬はあくまで勃起を支えるお薬であり、いわゆる性的な気分になれない時に服用しても効果は出ません。男性ユーザを興奮させたり、セックスしたい気分を湧き上がらせる効果はありません。