ED治療薬のバイアグラには正しい飲み方や使い方がある?

バイアグラの正しい飲み方

バイアグラの正しい飲み方

EDは治療で解消できる時代です。世界で1番最初にED治療薬として処方された「バイアグラ」は、国内でも1999年に認可されクリニックを受診すれば処方されるようになっています。

なぜ、この薬がED解消に効果があるのかを知る為には、まずEDを引き起こしてしまう原因を知っておかなければいけません。

EDを引き起こしてしまう原因は様々ですが、ED治療薬で解消できる場合「5-ホスホジエステラーゼ」という酵素によって、勃起力が弱まっている可能性があります。勃起するには陰茎部分の海綿体に血液が集まる必要があります。

血液を集める為に必要なのが、環状グアノシン一リン酸です。環状グアノシン一リン酸が十分に働く事によって、勃起するのですが体内で5-ホスホジエステラーゼが増えてしまうと、環状グアノシン一リンの働きを阻害してしまい結果、EDになってしまうのです。

バイアグラに含まれている有効成分のシルデナフィルは、5-ホスホジエステラーゼの働きを妨害するという特徴があります。5-ホスホジエステラーゼの作用が阻害される事で、環状グアノシン一リンが働き勃起力がアップするのです。

5-ホスホジエステラーゼによって、EDになっている場合はこの薬を服用する事で絶大な効果を得られます。

より効果を得たいと決められた量よりも多く服用してしまう方もいるようですが、間違った服用方法をしてしまうと副作用を起こす危険性があるので注意が必要です。

正しい飲み方や使い方をチェックして、負担なくバイアグラを活用しましょう。この薬は水で飲むのが基本です。お酒で服用してしまうとバイアグラが持つ血行促進効果によって、アルコールが一気に全身へと回ってしまうのでとても危険です。

大きな副作用を引き起こすリスクがあるので、水で服用するようにしましょう。また、規定の量より多く服用する事も副作用を起こすリスクが高まります。

この薬は服用してから約30分程度で効果が現れ始め、個人差はありますが約1時間後にはピークを迎えます。ピーク後は少しずつ効果が減少していき、約4時間から5時間程度の持続時間があると言われているのが特徴的な薬です。

ピークが服用してから1時間後という事をふまえて、性交渉を行う約1時間前程度に飲むとより効果的です。

再度服用したいという場合は、1度目の服用から約24時間間隔を開けて飲むようにします。このような点に注意して服用すれば、副作用を起こすリスクも抑えられます。