バイアグラのジェネリック医薬品も同様の飲み方で大丈夫?

バイアグラジェネリックの飲み方

バイアグラジェネリックの飲み方

日本国内でEDに悩む男性は3人に1人というデータもある程、EDは男性にとって身近で大きな悩みとなっています。

ですが、今はクリニックで処方されるED治療薬で解消できる悩みです。EDで悩んでいる方はクリニックに相談してみましょう。

ED治療薬には色々な種類がありますが「バイアグラ」は、世界で初めてED治療薬として処方された薬として知られています。有効成分シルデナフィルによって、勃起力をアップしEDを治療する薬です。

服用するだけでEDの悩みを解消できるとして、世界中で支持されているED治療薬としても知られています。ただ、ED治療薬の購入は健康保険が適用されず自由診療となるため、費用が高額と感じる方もいるかもしれません。

1畳分の量やクリニックによっても価格に違いはありますが、バイアグラは平均して1錠に付き約1500円から2000程度です。もう少しリーズナブルな治療薬を選びたいという場合、バイアグラのジェネリックを選んでみてはいかがでしょう。

ジェネリック薬品は後発医薬品とも言われるもので、新薬「先発医薬品」の特許が切れた後に発売される薬の事を言います。新薬のように莫大な開発費用などがかかっていない為、ジェネリック薬品は価格が安い傾向にあります。

バイアグラのジェネリックも、1錠につき約1000円程度と通常のバイアグラと比較するとリーズナブルです。安いからといって効き目が悪いという事はなく、新薬として処方されているバイアグラと同じシルデナフィルが含まれています。

もちろん同じ効果を得られますし、同じ成分で作られている薬なので、飲み方も通常のバイアグラと全く同じです。

服用してから約30分程度で効果が現れ始めて、約1時間でピークを迎えます。ジェネリックも性交渉を行う約1時間前に服用するようにしましょう。持続効果も約4時間程度と、通常のバイアグラと変わりません。

ジェネリックは通常のバイアグラと同じ飲み方をしても問題ありませんが、間違った方法で飲んでしまうと効果が出なかったり、副作用を起こす危険性があるので注意が必要です。

有効成分のシルデナフィルは食事の影響を受けやすいため、食後約2時間は時間を空けて服用する必要があります。また脂っこい食事も吸収を抑えてしまうので避けるようにしましょう。

お酒と一緒に服用すると血行が良くなり過ぎてしまい、副作用を起こすリスクが高まるので注意します。このようなポイントに気を付けて、バイアグラのジェネリックは服用しましょう。